光脱毛のデメリット

永久脱毛の効果は期待できない

光脱毛のデメリットとしてまず挙げられているのが、永久脱毛の効果が期待できないという点です。これは光脱毛が徐々に毛の量を減らしていく施術であるというところが関係していて、光脱毛を完了させた直後であれば永久脱毛をしたような綺麗な仕上がりになるものの、徐々に薄く体毛が生えてきてしまいます。そのため永久脱毛のような効果を期待している人にとってはデメリットですし、お金をかけて綺麗にしたいと思っているのに生えてくるのでは意味がないと感じられやすくなっているのです。

ただ光脱毛はあくまでも自己処理しやすいようにするための施術として行われているので、光脱毛の意味や効果をしっかり理解した上で検討する必要があります。

レーザー脱毛よりも時間がかかる

出力の強いレーザー脱毛は施術が完了するまでに短時間、短期間であるのに対し、光脱毛は施術が完了するまでに時間がかかってしまいやすい点がデメリットとして挙げられています。これはレーザー脱毛よりも光脱毛の方が出力が弱く設定されているためであり、その分痛みを感じにくいというメリットに繋がっています。ただ痛みが少なくても施術が完了するまでに時間がかかってしまうと、それだけ費用も掛かってくるため場合によっては医療レーザー脱毛よりも費用が高くなってしまうケースもあるようです。しかも産毛に対してはあまり効果がないため、理想通りの肌を手に入れるためにかなり時間を費やしてしまう可能性もある点はネックと感じる人が多いです。