医療レーザー脱毛のデメリット

肌荒れを起こすことも

医療機関で受けられるレーザー脱毛は、脱毛効果が非常に高いというメリットがあります。しかしその威力の強さが、逆にデメリットになることもあり得ます。強い光を照射する施術であるために、時には肌荒れやヤケドなどを起こしてしまうこともあるのです。肌が弱い人は特に注意が必要ですので、よく相談の上で施術を開始することが大切ですね。ただ、基本的には安心の施術を受けることができます。デリケートな肌の人でも安全を保てるように、出力を下げて施術を行うこともできますし、医療従事者による作業ですので安心感も持ちやすいでしょう。もしも肌トラブルが起こったとしても、すぐに医師からの診察及び、薬の処方を受けられるのも安心材料と言えます。

エステと比べて費用は高め

医療レーザー脱毛は、保険を使うことができない施術です。そのため全額自己負担が原則であり、エステと比較をして料金設定も高めとなることで、費用負担が大きくなるのもデメリットのひとつです。ただ、必ずしも割高になるとも言えません。なぜなら、レーザー脱毛は効果が持続するという大きなメリットがあるからです。エステの場合ですと効果がずっと続くわけではないため、状態を維持させるために定期的に施術を受けなければいけません。したがって、今後も費用が掛かり続けることが考えられます。かたやレーザー脱毛は、いわゆる永久脱毛ができる施術です。その後に生える可能性が低く、再度の施術も不要です。維持のために費用が掛からないですし、長い目で見ると結果的には、レーザー脱毛の方が安く済むこともありますよ。